読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

状況が裂いた部屋

音楽と映画と日常について

なんかいいな、と思う何か

・話題の新作映画が公開されるたびにTLに並ぶ感想やメタ的な評論(自分が映画クラスタをたくさんフォローしていたせいかもしれない)、そしてときどき流れてくるネタバレを見てしまわないうちに、と早めに映画館へ足を運ぶ自分 ・真空ホロウというバンドのHPの…

喫茶店の話

・家に居場所が無いので、相変わらず休日は喫茶店かサイゼリヤに入り浸っている。歩いて行ける距離にある純喫茶はとても雰囲気はいいのだけれど、近所のおばちゃん連中がたむろしてる時はやかましくて読書もままならないので車で移動して結局コメダ珈琲に流…

味のある自動販売機

両津港にある佐渡汽船フェリー乗り場。 柿の自販機。 温泉街の古いタバコ自販機。絶対タスポ対応してない。 白鶴の自販機。 大正製薬の自販機。 職場の研修所に「募金自販機」がある。写真は無い。 普通のコカコーラの自販機なんだけど、右下の一箇所分、飲…

チェーン店の丁度良い居心地

いまサイゼリヤの喫煙席でこの文章を打っている。家から近いこのサイゼは最近すっかり常連になってしまった。深夜までやっていて、価格が安く、椅子がソファーで喫煙席があるという条件を全て満たしさらに近所にあるので、文庫本とメモ帳を持ち込みついつい…

ArtTheaterGuild「4AM Mellow Diver」

波の鼾も聞こえない無駄な色もない君もここに来ればわかるさ眠気を見逃すのさ どんな色でも描けない写真にも映らない隙間から漏れる光はここに見に来ればいい 4AM Mellow Diver青い波で遊ぶさ 波の痛みも忘れずに無駄には笑えない空の頭振って荒らした疑い消…

好きな文豪・政治家の写真

室生犀星 高橋是清と斎藤実 三島由紀夫 太宰治 川端康成

好きなモノクロのアーティスト写真

The Stone Roses Oasis The La's Pink Floyd Doors My bloody valentine slowdive RIDE Smashing Pumpkins

好きな質感のPV

90年代後半から00年代初頭にかけてに多い、チープで今観るとおかしみのある、でも何だかワクワクするあの感じ。独特な雰囲気があってたまらなく好きだ。ネットも普及してなかった当時、深夜のテレビ番組でひっそりと放送され、好きな人だけが話題にしてたん…

座席の選択

煙草吸いたい〜と喫茶店に入り、入り口から座席に着くまで10歩くらいの間にサッと座席を見渡す。喫煙席には2人掛けの席が横並びで5つあり、左端、真ん中、右端と埋まっている。必然的に2組の間に座るしかない。左端のJK2人組はかなり喧しくしている。真ん中…

私を構成する9冊

1.「ブラザーサン・シスタームーン」恩田陸 2.「ノルウェイの森」村上春樹 3.「ハーモニー」伊藤計劃 4.「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦 5.「青が散る」宮本輝 6.「スカイ・クロラ」森博嗣 7.「第七官界彷徨」尾崎翠 8.「ダヴィンチ・コード」ダン・ブラウ…

最近考えていること

・様々なアイデアは浮かぶのに、それを上手く言語化して人に伝える、もしくは文章に残したり、形として残る作品をつくる、という作業に結びつかない。「時間がない」「お金がない」そんな言い訳を並べてずっと前に進めない。もやもやとした感情を抱えつつ、…

好きなライブ告知用ポスター、フライヤー

こういうのはtumblerでやれよ、って感じだ 気に入ったものを見つけ次第随時更新。

近況と抱負

□近況 ・バンドについて 2017年に入り1ヶ月半ほど、ひたすらバンドに注力している。もちろん平日の昼間は仕事だが、週2,3のペースで夜はスタジオに通う日々。先週からはレコーディングも始まった。そして2月中には3回のライブ、3月には初めての自主企画が控…

新潟市内の中古レコードショップ探訪

知ってるお店だけ。探せば他にもあるかも 1.Bullet http://bullet.shop-pro.jp 2.loopsoundscape Bulletと同じ建物の2階にある。 ハウス、テクノあたりがメイン。 3.SHE Ye,Ye Records http://www.sheyeye.com 2009年頃からあるらしい。 4.shabby sic ポエト…

ゼミの思い出

正月で暇なのでゼミの思い出話を書く。 大学では日本史のゼミに入っていた。日本近代史の専門。 ゼミは楽しかったので真面目に取り組んでいたし卒論もそれなりに頑張った気がするが、勉強した内容を覚えていないところからしてそういうことなんだと思う。 文…

迷子になりたい

迷子になりたい。正確には「あー、自分いま迷子になってるな…」という状態に憧れてる。 思えば物心ついた頃からずっと同じ街に住み、絶対に親元から出て違う場所に住むぞ…と決めていながら大学進学も上手くいかず結局街を出られず、そして就職はまあここまで…

語り得ないもの

ここ最近、自分の頭の中がひどくごちゃごちゃしているのを感じる。元から自分の考えを整理できない人間で、大事なことを人に伝える時は一度話をシミュレーションしてから話題にする癖をつけていた。しかしタイミングというのは大抵自分で選べないことが多い…

煙草を吸うシーン

傑作である「踊る大捜査線」シリーズ(※劇場版3作目を除く)のスピンオフ映画は何本かあるが、その中でも特に好きなのが「交渉人・真下正義」(2005年、フジテレビ)だ。主演はユースケ・サンタマリア。 この映画の終盤、事件が一応の解決を見て、登場人物たち…

働く意義の研究

定期的に鬱になる事がある。病院に通うほど深刻なものではなく、せいぜい「鬱モード」と呼べるくらいのもので、誰にも会いたくなくなり何も考えられなくなる。取り留めもなく不安な考えに取り憑かれて全てを投げ出して遠くへ逃げたくなるが動く気にもなれな…

書けない人間

説得力の塊のような文章を見つけたので、いつでも読み返せるようブックマークしたついでにここにも貼っておこうと思う(無断転載とかにあたらなきゃいいけど…)文章を「書ける人」と「書けない人」のちがいhttp://rootport.hateblo.jp/entry/20130505/13677637…

「窮屈さ」の研究

窮屈の原因は何なのか、と真面目に考えてみる。 高校生の頃の自分は、ある意味で健全で真っ当な、どこにでもいるような男子高校生らしい悩みを抱えていた。定期考査の度に築く赤点の山、部活では上手い後輩の活躍で試合の出番が減る一方で、クラスではなんと…

客観なんて無理

http://jp.vice.com/others/who-are-you-sekiguchiVICEというメディアがある。様々なテーマのネット記事が手軽に読めていい。その中でも「Who Are You」という企画がある。一般の方から公募し、選ばれた方にゆるいインタビューをするという趣旨だ。選んでい…

他人の考えに触れられない

映画を観ることが好きで、映画館も好きで、なおかつミーハーな人間なので話題の新作映画は大体観に行ってしまう。最近で言えば「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の2作品。どちらもほんとに面白かった。ちなみにどちらも2回観た。こういうと「暇じゃん」と言…

居場所の話

今現在、自分にはいくつの「居場所」があるのかと考える。この場合の指す「居場所」とは、自分の帰属というか「肩書き」であったり、所属しているグループのことだ。誰かがこのグループに電話をかけて、「そちらに〇〇(僕)は居ますか?」と言ったときにそこ…

救いが欲しい

救いが欲しい

ネットカフェの個室

・最近一番落ち着く場所だ。・自分の中での夏が始まったなー、と感じる瞬間は多分金曜ロードショーで毎年7月ころ放送されるアニメ映画版「時をかける少女」を観ること、深夜家を抜け出し自転車でコンビニへ行きカップのシャーベットアイスを買ってくること、…

それっぽい台詞

「意志が弱い奴が煙草をやめるんだ」

好きな枡野浩一の短歌5選

学生のあなたの夏を聞きながら 働く日々がわが夏休み さっぱりした感じが好きだ。年下の彼女が欲しくなる…コメントの文章がよかった。「映画館へ、海へ、朝顔市へと飛びまわる彼女の話に、笑ったり感心したりしながら、頭の中を真っ白にして働いた。彼女の長…

The CureのPictures Of You

The Cure - Pictures Of You これほどまで美しい曲、もう他にないよね...と思えるほど好きだ。リバーブ感...。 キラキラしたギターの音像も、ドラマチックな展開も素晴らしいけど、歌詞も本当に好きだ。文系の大卒とは思えない拙い英語力で訳してみた。明日…

やりたいことが見つからない

大学3年生になった春先、少し真面目に将来のことを考えた時期があった。就活を翌年に控え、この先何を目指そうか、どんな人生にしようかと悩みながら毎日悶々と生きていた。大学生活は相変わらずぬるく楽しかったが、だんだんと終わりが見えてきて寂しさを感…

一番古い記憶

人にあまり家族の話をしたくない。気恥ずかしさからくる部分と、その気恥かしさを感じてしまうことに対し少し負い目を感じている部分があるからな気がする。普通の親なのに。そもそも今から書こうとしているような自分の身の上話みたいなものを人に話すこと…

「働きたくなさ」の研究

働きたくない。日曜の夜がとても憂鬱だ。 これでもマシになったもので、一番精神的に追い込まれていた6月上旬は毎日が地獄だった。思い出したくもないし、嫌なことはすぐ忘れる都合のいい頭なので既にその時期の記憶は半分ない。ひどく遅い時間まで残業し、…

10年の展望

10年間、英語で言うdecade。「90年代」「ゼロ年代」など時代を10年の区分で論じることはよくあるが、その手の評論をよく読むせいなのか、自分の中にはそれぞれの10年ごとに全く違った雰囲気や風潮、文化があったような感覚がある。実際にはもちろん90年代に…

私の好きな90年代

The Smashing Pumpkins - Today 〝最果てにて〟 中村一義 - YouTube serial experiments lain Blu-ray BOX 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 発売日: 2015/10/23 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (2件) を見る 踊る大…

生きた心地

一週間の東京出張を終えて、新潟へ帰る上越新幹線の自由席でこの文章を書いている。 楽しかった学生生活から一変、地獄のような忙しさの社会人生活で心が弱り、溜め息と独り言が止まらなくなる見るからに酷い状態(無意識なあたりがヤバい)に陥り、危うく根…

人間の駱駝

慣れとは怖いもので、退勤が21時を過ぎるのも特になんとも思わなくなってしまった。流石にお腹すいたな、くらい。家に辿り着くのが22時過ぎ、夕飯を食べ風呂に入るともう23時で少し本を読もうと思って手に取るともう気絶して朝6時15分の目覚ましが鳴る。さっ…

世渡り上手

小学校の卒業文集に「世渡り上手」というタイトルの作文を書いた友達がいた。内容もなかなかにぶっ飛んでいて、詳しい部分まで覚えていないがすごく人を食ったような文章でひねくれたことを書いていた気がする。まったくマセガキだな、と読んだ大人たちは苦…

様々なしがらみが面倒だって話

2週間ほど前からGWの前半くらいまで、ひどい鬱でひたすら気持ちが沈んでいた。2度ほど同期や先輩と飲んだ日は少しだけ楽しくなれて明日からは切り替えてやるぞ、という気になるのだが翌朝にはまたどん底のような気分で仕事へ向かうのだった。 この鬱の原因は…

まともな人間

救いが欲しい。無償の愛が欲しい。誰かにひたすらお前はよく頑張ってる、と褒められたい。できれば可愛い女の子がいい。最近の自分の行動全てを肯定して貰いたい。本当に鬱な一週間だった。自分のポンコツ具合が嫌になる。これまでは順調だったのに昨日と一…

白背景のPV

初恋の嵐/Untitled Oasis - Whatever andymori "革命" LOSTAGE「BLUE」 - YouTube http://www.nicovideo.jp/watch/69740 Weater report/fishmans ただスタジオで演奏してるだけのRVが好き。 漫画BECKの中で、ジム・ウォルシュがBECKの『OUT OF THE HOLE』のP…

どこまで脈絡のない文章を書けるか

今フィッシュマンズの「いかれたBaby / 感謝 (驚) / Weather Report」というトリプルA面シングルを聴いている。これはライブ盤だけど、演奏上手すぎて普通にCD音源かと思う。それではライブ盤の意味がないのでは、ってくらい。アレンジはちゃんとライブ盤…

社会の歯車

本格的に働き出して2日が経った。忙しい。半端じゃない。学生の頃時々言って「あー俺いま忙しくてさぁ」の「忙しい」とは笑えるほどレベルが違う。まず僕が研修に行っていた先週一週間分の仕事が溜まっており、訳も分からないままそれに手を付けている。手を…

最近のこと

・4月1日に就職先の入社式があった。割としっかりした式典。当然か。テレビカメラが結構来ていてびびる。ボスが祝辞の中で、皆さんはこのような志があってこの職場を選び、選考を潜り抜けてきたのだと思いますが~、と様々に意識高い感じの志望動機を挙げて…

2016年3月31日

Supercar - Last Scene [PV] - YouTube 明日から頑張ります

人生のエンドロール

昨日サークルの追いコンが終わり、今日は学部棟で卒業者名簿を確認してきた。明日はゼミの追いコンだ。次々と自分の所属していたグループから追い出されて、感傷に浸る合間もない。サークルでは泣くかもな、と思っていたけれど特に目頭が熱くなることもなく…

憧れられたいという欲求

憧れられたいという欲求。憧れ、というのは尊敬に似た感情だと思うけれど、実際に自分がそうなりたいと強く思っている、みたいな場合で使われることが多いイメージ。あとは好意を含む意味でも使われるか。「憧れの先輩」とか。ちなみに辞書的な意味は「理想…

書きたいことが多すぎる

本当に多い。文章として書くことで一度整理したい自分の考えや、単純に感動した文章や音楽、映画の評論など。書きたいテーマを書きなぐったメモを部屋に投げてあるんだけれど、先日友人に見られそうになってひやっとした。まあ見られてもいいんだけど。でも…

23歳の夏の午後

人間は23歳の夏の午後に数時間だけまともな判断が出来る。それ以前は全て若さゆえに、それ以後は全て老いゆえに、まともな判断は出来ない。— けん (@nomorehole) 2014, 6月 24 僕はいま22歳で、23歳の夏はすぐそこだ これから先、人生を左右するような大…

自己開示ができない病

人前で自分のことを話せない。全く話せないわけではないし、本当に親しい数少ない人間にはつい最近になって少しは話せるようになった気がする。なぜ話せないのか。単純に恥ずかしいからだ。 だがしかし(サヤ師かわいい)、この「恥ずかしい」はとてもとても…

雑記

・気まますぎる生活は楽で楽しいけれど、やっぱり何か目的がないと退屈すぎて死ねる。大学に通う、会社に勤めるなど一日に数時間は何かに縛られてないとたるみ過ぎて何もする気が起きない。かといって会社勤めが始まったら自由な時間が欲しい、仕事辞めたい…