読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

状況が裂いた部屋

音楽と映画と日常について

ブログタイトルについて

雑記

   中村一義のファンならご存知の通り、「状況が裂いた部屋」とは彼が初期の宅録作品を撮った自宅の部屋の名前だ。中村一義は(以下「ナカカズ」って書くけどこの呼び方好きではない)18歳の頃、祖父母が用意してくれていた大学進学用の資金を注ぎ込んで部屋にスタジオ機材を揃え、状況が裂いた部屋を作り上げた。そして4年後、22歳のときに名盤「金字塔」でデビューする。「'97の世代」で一番影が薄い気がするけど当時はどうだったんだろう。ダイドーの缶コーヒーのCMに使われたらしい。2枚目「太陽」や「主題歌」あたりまではこのスタジオでほぼナカカズ一人の手で作られていたみたいだ。部屋は今はもう取り壊されて残っていないらしい。

f:id:ngcmw93:20160717132547j:image

1st「金字塔」とシングル盤「永遠なるもの」

f:id:ngcmw93:20160717133145j:imagef:id:ngcmw93:20160717133206j:image

歌詞カードに「状況が裂いた部屋」とクレジットされている

   僕は高校3年生の頃、完全なる後追いでナカカズを聴き始めて大好きになり、2012年の武道館ライブまで観に行った。センター試験へ向かう電車の中でも「犬と猫」を聴いていたのを覚えている。歌詞や曲はもちろん、作曲のスタンスまで全てが凄いと思う。悲しい生い立ち(主観はよくないけど多分そう)からたった一人で部屋に篭り傑作を作り上げた執念、そしてあの「永遠なるもの」のPV…。生い立ちも含めて、独りで孤独に創作をする道を選び、カセットテープの山を築いた末にあの傑作を作り上げて、奥さんと仲間に囲まれて江戸川の河川敷のピアノを弾き、「僕の人生は、バラ色に変わった!」と叫ぶ。あの曲のラストほど美しいものはない。「金字塔」から最新作「海賊盤」まで100sでの作品も含めアルバムは全部聴いてるけど、やっぱり金字塔がずっと一番だ。いつか全曲レビューとか書いちゃいたいくらい。