読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

状況が裂いた部屋

音楽と映画と日常について

様々なしがらみが面倒だって話

 2週間ほど前からGWの前半くらいまで、ひどい鬱でひたすら気持ちが沈んでいた。2度ほど同期や先輩と飲んだ日は少しだけ楽しくなれて明日からは切り替えてやるぞ、という気になるのだが翌朝にはまたどん底のような気分で仕事へ向かうのだった。

 この鬱の原因は何なのか。悩み事があるからなのだが、その悩みがそう解決できそうにないものなのでこんなに苦しんでいたのだった。それも幾つかあって、仕事のこと、家のこと、(職場以外の)人間関係のこと、将来のことなど挙げればきりがない。でもこれらはまだ棚上げにしておいてもいずれ時間が解決してくれたり、いざその時が来て決断しなければならない状況に追い込まれれば何とかできそうなのだった。一番の問題はこんなものではなくって、では一体何なのか...自分の頭の中ではなんとなく把握しているのに、うまくこの場に言語化することができないのだった。つらい。しかしひとつ言えることは、このとても内面的な問題だけは棚上げできない種類のもので、いまここで向き合わなければ一生引きずる系統のものだともいうことだ。それだけは確信できる。そろそろ早く決着を(というかたった一つの決心をここで宣言すればいいだけなのだが)つけて楽になりたい。

 体裁や人の目、過去やってきたこととの違いからの「キャラじゃないでしょ」みたいな余計な口出し、自尊心が傷つくことへの不安や恐怖...新しく何か物事を始める時につきもののあらゆる面倒なことを全部無視して、心の赴くままにやりたいことを強い気持ちでやる、そんな勇気が欲しい。なんだかんだ理由をつけて足踏みしている間にも時間は過ぎて、僕はどんどんと歳をとっていく訳で。計画はもう十分に立てた。余計なことを考えず、やりたいことをやりたいようにやろう。

 

 この決心を後押しするきっかけになった枡野浩一の短歌を載せておく

”君はその とても苦しい言いわけで 自分自身をだませるのかい?”

(漫画版「ショートソング」表紙カバー裏より 集英社,2007)