状況が裂いた部屋

音楽と映画と日常について

10年の展望

10年間、英語で言うdecade。「90年代」「ゼロ年代」など時代を10年の区分で論じることはよくあるが、その手の評論をよく読むせいなのか、自分の中にはそれぞれの10年ごとに全く違った雰囲気や風潮、文化があったような感覚がある。実際にはもちろん90年代にも60年代、70年代の空気のままの場所、文化、考え方はあった筈なのに、その時代にはその10年特有の雰囲気で独立していたかのような錯覚。例えば1979年と1981年を比べても、普通に2年が経過した世の中があるだけで劇的な変化があったりはしないだろうに。 という話を考えたのも、ここ数年にわたって時々NHKでやってる「日本戦後サブカルチャー史」を面白く観ていたから。直近の回では90年代を取り上げていた。渋谷系